• ユーザ—登録
  • 加工メニュー
  • S-WAVEネットワークラボ
  • ご注文方法
  • 料金・納期・ご請求
  • 製品証明書
  • 製作規定書
  • 注文書

クラウン・コーピング・インレー・ベニア

発注方法

加工メニュー

材料 色調 技工物 種類
ジルコニア
(松風ディスクZR-SSカラード)
ピーチホワイト
ピーチライト
ピーチミディアム
コーピング、
フルクラウン
インレー
アンレー
ベニア
単冠
連冠、Br
(14歯まで)
ジルコニア
(松風ディスクZRルーセントFA)
パールホワイト
5Lライト
5Lミディアム
5Lスーパーライト
コーピング、
フルクラウン
インレー、アンレー
ベニア
単冠
連冠
Br
(14歯まで)
※推奨
大臼歯を含む3歯まで
大臼歯を含まない7歯まで
ジルコニア
(ブラックスジル)
#100
#200
#300
#400
フルクラウン 単冠
ハイブリッドレジン※1
(松風ディスクHC)
HT:A2、A3
LT:A2、A3、A3.5
エナメル:59
フルクラウン
インレー
アンレー
ベニア
単冠
ハイブリッドファイバー
(トリニア)
アイボリー コーピング 単冠
連冠
Br
CAD LAYER
(トリニア+松風ディスクHC)
HT:A2、A3
LT:A2、A3、A3.5
エナメル:59
フルクラウン 単冠
連冠、Br
(大臼歯を含まない3歯まで)
PMMA(M-PMディスク) A2、A3 フルクラウン 単冠
連冠
Br

※1 小臼歯(健保適用CAD/CAM冠)のご注文は受け付けておりません。

加工の特長

極細ツールを使用し、高精度の補綴装置をご提供

クラウンやコーピングの内面、咬合面、マージン部分の加工には、極細ツール(R0.3mm)を使用しています。
極細ツールを使用することで、精度の高い補綴装置をご提供しています。

プレミナクラウン 健保適用外

当センターで加工されたフルアナトミカルクラウンを「プレミナクラウン」として提供しております。
製品のブランディング化を行うことで信頼性の向上を図ります。

松風ディスクZRルーセントFA(ジルコニア)

高い光透過性と5層の色調構造をもつ「松風ディスクZRルーセントFA(ジルコニア)」で審美性の高い加工物を製作します。

詳しくはこちら

松風ディスクZR-SSカラード(ジルコニア)

色調

ピンク系の3色をラインナップ
赤みのある天然歯の色調を再現可能です。

色調 ピーチホワイト ピーチライト ピーチミディアム

色見本を松風にて販売しています。
詳しくはこちら

高い適合性

本焼結時の変形が少なく、均一に収縮します。そのためロングスパンブリッジやインプラント上部構造体などの症例においても高い適合性を示します。

トリニア(ファイバー強化型レジン)

トリニアは、シート状に織り込んだグラスファイバーに樹脂を含浸させたグラスファイバー強化型レジンです。405MPaの高強度な曲げ強さを有し、インプラント上部構造体やハイブリッドレジン(クラウン)のフレーム材としてお使いいただけます。

松風ディスク HC

松風ディスク HCは加圧・加熱重合により製造したCAD/CAM切削加工用のハイブリッドレジンディスクです。
松風ブロック HCと同組成のため、耐着色性、耐摩耗性、研磨性にすぐれています。
また天然歯類似の光拡散性を備え高い審美性を実現します。

すぐれた耐歯ブラシ摩耗性、耐着色性

松風ディスクHCは、耐歯ブラシ摩耗性にすぐれています。歯ブラシによる摩耗量が少なく、摩耗面の表面粗さも小さいため滑沢性を維持することができます。また、耐着色性にもすぐれており、長期的に審美性を維持します。

天然歯のような審美性

色調について

■ LT
一般的な硬質レジン材料のボディー色
類似の透明性に設計されています。
臼歯部クラウンの作製に適しています。
■ HT
透明性の高いボディー色です。
インレー、前歯部クラウンの作製に適しています。
■ エナメル
59はインサイザルです。エナメル部の再現が主となる症例に適しています。

物性

  松風ディスク HC 当社ハイブリッド型硬質レジン
曲げ強さ(MPa) 191 146
圧縮強さ(MPa) 430 354
ビッカース硬度(Hv0.2) 66 74

※試験方法はJIS T 6517:1998「歯冠用硬質レジン」第3種 光重合型に準ずる(松風ディスク HCの曲げ強さのみ、類似の松風独自試験による)

キャドレイヤー(CAD LAYER)

キャドレイヤーとはCAD/CAMシステムを用いて被覆冠とフレームを加工した後、接着により両者を融合させるシステムです。当センターで接着して、納品いたします。

キャドレイヤー(DAD LAYER)

トリニア_松風ディスクHC_キャドレイヤー加工

ページ上部へ戻る